社長 企業 教育・学習支援

【敬天塾】
平井基之代表インタビュー

【敬天塾】<br>平井基之代表インタビュー

東大受験専門塾「敬天塾」の塾長。東京大学理科一類入学。卒業後に大手塾、高校勤務を経て家庭教師で独立。自身の教育を自らに実践すべく、30歳で「1年で東大文三に合格プロジェクト」を実施し合格。著書に『ビジネスで差がつく論理アタマのつくり方』(ダイヤモンド社)、『笑う数学』『笑う数学ルート4』(KADOKAWA)、『理数アタマで読み解く日本史』(ハート出版)など。

現在のお仕事を志したキッカケを教えてください。

今の日本は、良かれ悪かれ「学歴社会」であり「偏差値教育」です。学校のお勉強ができる人が良い就職をし、世の中を動かす重要なポジションに就いていきます。
そして、たくさんお金を稼いだ人が賢く、ビジネスで成功するのが正しい生き方だと、多くの人が考えています。
しかし、そのような人が、必ずしも世のため人のために働いているわけではないため、なかなか日本が良い方向に進まないと感じています。
それならば逆に、要職に就く人間が、周りの人や社会を大切に考え、動けるようになる仕組みを作ればよいのではないかと考え、敬天塾を作りました。
東大合格を目指すだけでなく、良い社会を実現する人材の通過点となるべく仕事をしています。

平井基之塾長の受験時のエピソードや結果などを教えてください。

30歳を過ぎてから、1年弱の勉強期間で苦手教科の多い文系で東大に合格しました。
戦略を重視して取り組んだところ、驚くほど、目標値と実際の得点が一致しました。
(センター試験の総得点は完全一致、二次試験の得点は1点超)

二度目の東大受験をされた経緯を教えてください。

日本人は親や先生を尊敬する割合が低いと言われますが、その原因が教育にあると思います。
親は、野球中継やテレビドラマを見ながら、子供に勉強しろと言いますし、先生は職員室でお茶を飲んで同僚と雑談しながら教室で生徒に勉強させています。
私は、これは良い教育ではないと思い、二度目の東大受験をしました。
元々理系の私が、苦手な文系科目を克服し、1年で東大に合格した実績があれば、少しは頑張っている先生もいるんだというのを見せられると思ったからです。
おじさんになってから受験生に戻って感じたプレッシャーや孤独感は今でも大切な宝物です。
現在も学ぶ姿勢を大切にしています。

平井基之塾長の座右の銘・大切にしている言葉など教えてください。

「陰徳(いんとく)」です。

企業名「敬天塾」と企業ロゴに込めた想いを教えてください。

「敬天塾」の由来は、西郷隆盛が好んで使った「敬天愛人(天を敬い人を愛す)」という言葉です。天とは、お天道様や自然の摂理、神様など人智を超えた存在のことだと思ってください。
東大に合格したくらいで自分が偉くなったと勘違いするのではなく、自分より偉大な存在を認めて謙虚になり、努力を怠らず、社会のために一生懸命に力を発揮できる人になってほしい。
これが「敬天塾」の理念です。

企業ロゴにあります富士山には、日本一の大学へと挑戦する受験生の道標になりたいという思いが込められています。

敬天塾の理念を教えてください。

敬天塾は、日本を良くする人材を輩出するために作られました。
東大に合格しただけで「自分はすごいんだ」「自分は偉いんだ」と思う人がいます。しかし、果たしてそうでしょうか?
東大に合格した努力は素晴らしいでしょう。しかし、受験はゴールではありません。大学でも様々な学びを得て、社会に出てそれぞれの分野で影響を及ぼすでしょう。
特に東大生は将来、重要なポジションに就く人がたくさんいます。その人達がやましい心で働けばすぐに社会は悪くなりますが、誠実に働けばすぐ良くなります。
敬天塾は、まさに社会を良い方向に導けるリーダーを輩出するためにあるのです。

敬天塾のサービスの独自性や差別化について教えてください。

集団授業塾、個別指導塾など様々な形態がありますが、私たちは集団もやり、個別もやり、学習管理などのコーチングもやるというミックス型を取っています。これも特徴なのですが、最も特徴的なのはただの集団授業ではなく、「ゼミ形式」を主体にしているところです。先生と生徒たちが闊達な意見を交わしあい、最も良い答案に向かって知恵を出し合うものです。ゼミ形式となると私も生徒と同じくらいの授業の準備が必要になりますし、フラットな関係で生徒に混ざって私も学んでいます。
また、こだわりとして、敬天塾では生徒に必要なことだけをやろうと思い、利益目的のサービスを徹底的に省きました。例えば、塾や予備校は授業をすることで売上を出すのが一般的ですが、生徒に不要な授業は全て中止して、生徒の自習時間を多く確保できるようにしています。ビジネスとしてはバカなやり方ですが、日本の未来や生徒の未来のために必要なことは全て実施しようと思っています。
東大合格のためには、生徒と1対1で話すことも非常に重要です。実は東大受験生といえども、「学び下手」な子が多く存在します。
これは、集団授業はもちろん、ゼミ形式でも正せません。1~2時間のカウンセリングを何十回も行い、ようやく改善してきます。しかし一旦「学び上手」になったら一生の財産です。
このように、教育を舐めずに真摯に接することを心掛けています。

東大文系に受かるために重要なポイントを教えてください。

まずは東大文系受験をするという「覚悟」が必要です。
というのも、理系であれば、志望校を変更することのリスクは少ないですが、文系で志望校を変更するのは、野球部からサッカー部に変更してレギュラーを狙うくらいに難しいことです。
それは出題傾向や難易度が他大学とは大きく異なることに加えて、二次試験の8割を記述問題が占めているからです。
それだけ、東大文系は特化した対策が必要となります。

ちなみに敬天塾は日本で唯一の東大文系専門塾なのですが、他の塾がなかなか東大文系に特化できない理由は、塾側のデメリットが多いからでしょう。
文系は理系に比べると、
・採点基準の研究が大変
・記述の指導が大変
(添削は1問に対して何時間もかけています)
・成績の伸びが安定しづらい
さらに、
・医歯薬系の塾と比べて授業料の相場が低い
という、ビジネス上の不利な条件が揃っています。
しかし、文系の指導を本格的に行う塾が必要だと思い、完全特化いたしました。
敬天塾は情報の無さや記述答案の作成の難しさなど、多くの文系受験生が悩んでいることを解決するお手伝いをさせていただきます。

敬天塾 コース紹介

どのような方に敬天塾のサービスを届けたいですか?

優秀で学ぶ意欲のある方が受験情報やノウハウ不足のせいで東大合格を諦めるのは、国益を損することです。日本を前進させるためには、賢いだけではなく、周りを助けてあげようと思えるような優しい人材が東大に行くことが必要だと思っています。学力は我々でもお手伝いできますから、将来人の助けになろうと思う優しい子に敬天塾のサービスを届けたいと思っています。

そのために、敬天塾のHP内に「知恵の館(やかた)」という
・東大入試の過去問の解説や考察
・各科目の勉強法、オススメの参考書や サイトの紹介
・東大合格に必要なマル秘情報
など、東大に合格することに特化した情報が載っている「図書館」のような場所を作り、無料でたくさんの情報を提供しております。

また、敬天塾はオンライン塾なので、毎年地方の受験生も入塾しています。
東大受験は地方格差が生じているので、少しでも格差是正のお手伝いになればと思っております。

さらに、敬天塾では他塾では入塾を断られがちな社会人受験生や仮面浪人生も受け入れています。
吉本芸人の「さんきゅう倉田」さんも、大学受験が未経験で高校生の学習内容がほとんど抜けているような状態でしたが、「3年で東大に合格したい」という強い決意で敬天塾の門を叩きました。私たちも精一杯サポートしましたが、ご本人の強い意志と実行力が功を奏して、たった3年で東大合格を果たされました。

この記事を読んでいる方にメッセージをお願いします。

最近、世の中がうまくいっていなくわだかまりを感じている方はたくさんいると思います。
しかし、そのことに嘆いて、不平不満をこぼすだけの方にはならないでほしいです。
自分に力をつけて「自ら世界を変えていこう」「周りを救っていこう」と考えてほしいし、そういうやさしい心を持った方にこそ、当塾に来てほしい。そして一緒に勉強がしたいと思っています。
そのような気持ちがある方は、ぜひ当塾でたくさんのことを学び、将来の可能性を広げてください。
また、当塾の公式ホームページでは「知恵の館」というコンテンツをとおして、東大受験に使える、さまざまな知識を無料で公開していますので、こちらもぜひご覧ください。

敬天塾 ロゴ

企業概要

企業名 : 敬天塾

代表者 : 平井 基之

所在地 : 東京都豊島区巣鴨

URL  : https://exam-strategy.jp/

NEW POSTS

【株式会社グラヴィティ】<br>山田佳奈恵社長インタビュー 社長,企業,学術研究・専門技術サービス,その他

【株式会社グラヴィティ】
山田佳奈恵社長インタビュー

【株式会社AlbaLink】<br>河田憲二社長インタビュー 社長,企業,不動産・物品賃貸

【株式会社AlbaLink】
河田憲二社長インタビュー

【Plus-プリュス-】<br>吉田美子代表インタビュー 社長,企業,金融・保険,その他

【Plus-プリュス-】
吉田美子代表インタビュー

【ヒューマンコンシェルジュ】<br>藤原孝志代表インタビュー 社長,企業,学術研究・専門技術サービス

【ヒューマンコンシェルジュ】
藤原孝志代表インタビュー

【一般社団法人ネット情報信頼性機構】<br>中澤祐樹代表インタビュー 社長,企業,情報通信,学術研究・専門技術サービス,教育・学習支援

【一般社団法人ネット情報信頼性機構】
中澤祐樹代表イン...

【さすてな経営会計事務所】<br>伊藤央真代表インタビュー 社長,企業,金融・保険,学術研究・専門技術サービス,その他

【さすてな経営会計事務所】
伊藤央真代表インタビュー

CATEGORY